Before & After

釧路市 N様の場合

 

近くにショッピングセンターもあり、通行量の多い通りにほど近い立地条件の良い場所にある、南向きのN様邸。新築時にはハウスメーカーさんからのすすめでつくられた2台用の駐車スペースが完備されていました。また、西側の道路が近接しているので敷地内の土砂が道路へ流れてしまうという悪条件のなか、そろそろエクステリアでも・・・とのことで当社にご依頼されました。
 
最初に、施主様からのご要望を整理し問題を解決することと同時に、休日の来客とのコミュニケーションをしたい・・・とのことでしたので、思い切った大胆なデザインの機能性を持ったデザインにしてみました。
 
先ずは、せっかくつくった駐車スペースですが、所有の車両2台を置いてしまうと玄関へ向かうスペースも無かったので、思い切って2台の駐車スペースを左右に分割し、中間に玄関アプローチを設置することで、道路から玄関までの整備は完了しました。さらに、奥様の車庫入れがしやすいように歩道側の開口部を広く取ることによって、半円形のオリジナルな形状が実現できましたので、ファサードとしても魅力たっぷりです。
 そして、ご希望の大型ウッドデッキには床下にバーベキュー用の炉を2基ビルトインさせ、人数によって「掘りごたつ」方式で利用可能です。急な大人数にも対応できることから、大変喜んでいただきました。

プライバシー保護のための木製フェンスは、圧迫感のない「スリットライン」を採用しましたので、同時に庭部の日陰量も最小限に押さえましたので、芝生の生育も順調にいくでしょう。
 
 
 
 

釧路市 Y様の場合

 


こちらのお客様は、新築後何となくつくったアプローチと芝。 それと共に駐車スペース横の花壇。 
植栽計画を検討する暇もなく、ご友人から贈られて植えた樹木が所狭しと並んでいました。
 
今回のご依頼は、トータル的に見直したい、手の掛かる芝を止めてもっと違うイメージで・・・と言うことでした。 意外と漠然としてましたが、何度かの訪問によりそのイメージを掴むことが出来ました。
 
 まずは芝の撤去に合わせて駐車スペースの拡幅ラインを決めた後に、既存のインターロッキング敷きのアプローチ曲線を生かしての門袖、植栽をデザインしてみました。
 
門袖位置を正面に向かって右側に配したことで、左側が植栽を含めた遊び心のあるデザインに出来たことで、Yご夫妻にはたいへん喜んでいただきました。
 
また、駐車場の端にある既存の花壇を大幅に変更しました。樹木を植えて見るだけのスペースを、そこで立ち止まり、何かをするためのワンストップコーナーのイメージでデザインしてみました。
 

植栽スペースを以前の1/3に縮小し、その分収納スペースにもなる木製オリジナルベンチとタンブル調のインターロッキングスペースを確保しました。 これにより、土地の端にあるスペースでも、十分その存在感がアップしましたので、ファサード的にも左右のバランスが取れました。
 
 


釧路市 B様の場合

 


ご夫婦共にお仕事をされている関係上、お二人のエクステリアへの要望も多岐にわたりました。
 
 まずは、玄関前のアプローチと駐車場を整備して欲しいとのこと。 特に歩道から玄関ポーチまでの距離が5m余りと、決して広くないスペースをどうやって広く見せるかがポイントです。
 
 玄関へのアプローチは途中に枕木とレンガを使った「階段アプローチ」を設置して、人が歩く導線を左右に変化させることによって距離感を出してみました。
 また、駐車場は将来のメンテナンスのことを考慮して、手の掛からない土間コンクリートとしました。
 
所有車両が2台であるためにコンクリートの無機質感が出てしまうので、レンガ素材を表面に埋め込むことによってそれらを解消することが出来ました。
また、駐車場とお庭(アプローチ)をブロック積みで分けることで、外構のイメージを強調したところが特徴と言えます。
 
 次は雑草対策でした。 B様の両隣には既に住宅があり、庭木等があったのでやみくもに除草剤を使えない環境で、新築以来手作業で除草していたかと思うと・・・。

 そこで、敷地内のコンクリート面以外に「防草シート」を敷きました。現在でも、ほとんど雑草に悩まなくなったとご夫妻にも喜んでいただいています。
 
 
 

 
 

釧路市 O様の場合

 


飲食店の経営をなさっている O様。日頃は大変お忙しい中、短期間でのお打ち合わせとなりました。
施主様のご要望としては、元々家庭菜園の場所だったお庭の予定箇所が雑草で埋め尽くされており、今後あまり手がかからないようにして欲しいとのこと。さらには、来客が非常に多く、訪れた方々と晴れた日にはガーデンバーベキューをやりたい・・・ということでした。
 まずは、平らで広い敷地を有効に、そして多様な楽しみ方ができるようなイメージでデザインしてみました。
約15人は座れる大型のウッドデッキにウッド仕様の移動式コーナーベンチを設置し、隣には常緑の植栽コーナーと焼き肉もできる石張りの大型テラスをビルトイン。
特徴としては、ウッドデッキとテラスを非平行に位置づけたことです。これによって奥行き感が広がるだけではなく、実際には20人以上が座ることのできるリビングスペースが確保できました。

 
また、敷地の周囲にはオリジナルなアメリカン・ウッドフェンスと曲線デザインの花壇の数々・・・。いつでも自然の中でパーティーをしている気持ちにもなれるでしょうね。

最後は、広い人工芝を施しました。これで、芝刈りや雑草処理の手間がかからなくなりましたから、見た目も機能性も図面のプラン以上の出来映えで大変喜んでいただきました。