よくある質問【 計画編 】

Q1:ガーデン&エクステリアの形にはどんなものがあるのでしょう? 

 機能的分類に関して言えば3種類あります。 その形としては、クローズドガーデン・セミクローズドガーデン・オープンガーデンとなります。 それぞれの大きな違いとしては以下の通りですので、参考にしてください。
 

  • 1. クローズド・ガーデン〜・・・完全なプライバシーを実現するタイプで、塀・門扉は必須条件です。 特徴としては、周りから見えないことでプライバシーは確保でき、他人が容易に敷地に進入できない、セキュリティー性があることもメリットと考えられます。 反面、一度進入を許すと、外からは見えないためにその脆さも指摘されています。 また、工事費のコストが高いこともその特徴です。
  • 2. セミクローズド・ガーデン〜・・・塀は必須条件です。 特徴としては、とりあえず敷地を塀で囲むことで、境界を示すタイプです。 また、周りからは中がある程度視認できますが、それほど圧迫感が感じない程度の高さ(フェンス等)を維持したタイプで、誰でも自由に敷地内への出入りはできません。 そういう意味では、ある程度のセキュリティーは確保できます。 工事費については、作工物がある割りには以外と安価で施工でき、現在一番多いタイプがこれにあたります。
  • 3. オープン・ガーデン〜・・・敷地の内外の仕切りを極力少なく、低くすることで敷地をより大きく見せるタイプですから、塀や門扉は特に必要ありません。 セキュリティーはあまり期待できませんが、施工価格も一番安価でできるメリットがあります。 北海道ではここ数年、人気があり、芝庭とイングリッシュガーデンを併用する方も増えています。

 
 

Q 2 : 木製エクステリアとアルミエクステリアのどちらを使ったら良いですか?

 どちらを使ったら良いかということを答えることは、あまり意味のあることではないような気がします。 なぜなら、両者の製品コストも随分違いますし、外構全体のイメージや施主様の質感に対する好き嫌いによって、随分違いが出るためです。 ただし、それぞれの素材の違いを良く理解しておくことが重要といえます。 以下、それぞれの特徴を挙げます。
 

  • 木製エクステリアは、価格が安価で、比較的施工価格は安い。 しかし、天然木のために、毎年の(防腐注入+油性保護塗装の場合、3年毎です。)メンテナンスが必要。 また、ある程度のオリジナルデザインが可能である。 また、イメージが柔らかく、植栽木や季節の花々との相性も良い。
  • アルミエクステリアは、さびに強く、気象状況などの環境変化にも非常に耐久性があります。 オリジナルデザインについては、非常に高額なために難しいので、デザインの組み合わせにより変化させることが可能。 都会的でシャープなイメージを実現でき、コンクリートやブロック塀との調和も期待できます。


Q 3 : 二世帯住宅の場合、一つの敷地の中で和と洋のガーデンをつくることは可能です

 最近よく聞かれる質問です。 まず、一つの敷地を塀や何かで完全に分断できるような敷地形状であれば別ですが、家族全員が100%満足できる規模のお庭を実現することは非常に難しいと思われます。 ただし、ご家族皆様の多様なご要望の最大公約数的なデザインであれば、多少の制限はありますが、やり方次第では十分可能です。
 
その一つの方法として、「和」から「洋」へ、「洋」から「和」へ視点を移動するに従ってイメージの融合を図っていくことで解決可能です。 つまり、和室から見える景色は「和」であっても、洋風リビング前の「洋」にイメージが徐々に変化していく「和洋」の景色を、2種類の庭の中間に造作することで、意外と違和感はなくなるものです。
また、「洋」の中でも、空間の中で使用する素材を変えたり、配置を変えたりすることで、部分的に「和」の世界を表現することも可能です。

Q 4 : 工事の契約前に、どんな庭になるのか、仕上がりがある程度わかれば安心できるのですが・・・。

 当社においてご提示する図面は、大きく分けて二種類あります。
一つ目は手描き・CADにより仕上げた、主に平面図・立面図・施工詳細図。 二つ目は、コンピュータCADによる3次元のCAD図面です。
 
前者は、プランニングをさせていただく場合の必須図面となりますが、後者は、敷き地内外に限らず360°、任意の視点から見たままの立体的に表現した3D図面です。(こちらは現在有償にてサービスしています。)
後者であれば、最終仕上げはかなりリアルに表現できます。 ただ、前者についてもお客様が容易にイメージできる図面の仕上がりにしていたり、関係資料をご提示することでわかりやすくなっていますからご安心ください。

Q 5 : お庭の面積がそれほど広くありません。 そのような面積でも快適な庭をつくるコツはありますか?

 快適な庭・・・といっても個人差はありますが、広く見せるコツはあります。 いくつかある手法の中で、一般の方でもできる簡単な方法を以下の通りお教えします。
まず、お庭にしたいスペースの区画割りを考えます。 その際にご自分が欲しいと思う要素(例えば、アプローチ・ウッドデッキ・花壇・パーゴラetc)を挙げていきます。 ただ、欲しいままに、あれもこれも・・・だと、スペースが限られていますので主要なもの3〜4点程に絞ってください。
 
次に、ご自分の導線(お庭の中で、どのように動くか、どう動きたいか。)を考えます。 これは意外と重要な要素で、人の動きというものは、ほぼ曲線になるはずです。 この段階で、簡単でよいですから敷地図に書き入れることが必要です。 その後、図面に書き入れた導線を避けて、残りのスペースにご自分が欲しいガーデン要素を配していけばOKです。 その際の注意点としては、多くはその形状を曲線にした方がベターでしょう。(スペースを有効に利用するため、導線上に障害物を配さないことに気を付けます。) 
また、できるならば手前に配するものは低く、奥に配するものほど背が高くなるようにデザインしてあげることで、感覚的に広く見えるはずです。 間違っても、手前に視覚を遮るモノばかりを並べることは避けてください。

Q 6 : 駐車場の土間仕様はアスファルトとコンクリート、どちらの方が良い?

 これは皆様が悩まれるところです。 まず、両者の素材上の特徴を良く理解してから決められることが大切です。 前者と後者とでは施工コストは全く違います。 前者の施工コストは後者に比べて、約40〜60%位が一般的です。 一般住宅を前者で施工する場合は、その多くは厚さ3cm程に対して、後者は15〜20cmの厚さで、しかも型枠を設置したり、配筋(コンクリートの強度を確保するために鉄筋を決められた本数を埋め込むことです。)をしなければならない等、その仕様は大きく変わるからです。
 
次に、強度です。 前者は石油系の素材と細かい粒子の骨材とを混ぜてつくっているもので、自ずと熱や外側からの外圧には脆いものです。 3cm程の厚さですから、下地(アスファルト下の路盤)を十分につくらなかったり、許容以上の重量がある車を駐車したりすればするほど、たわみやひび割れ等の経年劣化が現れてきます。 また気温が非常に上昇してしまう地域(例えば本州など)では、表面が極度に柔らかくなり、ほとんどは前者の施工はしないのが現状です。 笑い話ですが、アスファルトの上に自転車を一日中駐車しておくと、夕方にはスタンド部がアスファルトの内部にめり込み、とれなくなってしまうことは良くある話です。 それに比べ、後者は決められた方法で施工することで、抜群の強度があります。 コンクリートですから、当たり前ですよね。
また、施工期間については前者は1日、後者では少なくても7〜10日は要します。 これらの特徴を良く理解し、総合的に考えることが大切でしょう。

Q 7 : 自宅の庭や外構工事を考える場合に、一番はじめに考えなければいけないことは?

 まず、誰のための、何のためのものか(何をしたいか)、困っている箇所(修繕したい箇所)はどこなのか、完成時期はいつ頃かを最初に検討すべきです。 その後、それを基に具体的に考えていきます。

Q 8 : 自宅の庭に木を格好良く植えたい(配植したい)のですが・・・。

 まず最初に、木は活きている生物です。 人間と同じように、水や食料がなければ死んでしまいますし、時には病気にもなります。 「声」を出さないだけで、生物的には我々人間とそう変わらないということを忘れないでください。
樹木の種類を大きく分類すると、常緑樹(一年中葉っぱが付いている樹木)と落葉樹(冬には葉っぱが落ちてしまう樹木)があり、その中でも、成長するにつれ樹高が伸びていく中・高木と樹高は低いままの低木に分類されます。
 
植栽計画をされる場合、庭部のスペースも考慮しなければいけませんが、シンボルになる樹木、目隠しになる樹木、手を掛ける樹木、観賞用の樹木・・・etcのスペース毎にどういった種類・特徴の樹木が適当か検討することが重要です。 また樹木は生きものですから当然枝葉を伸ばしますので、適宜に剪定したり、冬囲いをすることも必要となりますので、その点も考慮して本数や樹木の大きさを決めなければいけません。
時々、苗木をいっぱい貰ったからといって、わずかなスペースにまとめて植える方がいますが、将来その木が生長した段階で植え替えや移植時には大変手間がかかります。 ですから、あまり多くの数を植えることは避けたいものです。

Q 9 : 芝庭をつくるために何から始めたらよいですか?

当HP内の「素敵な芝をつくるために・・・」をクリックしてみてください。LinkIcon詳しくはこちら
 
 

Q10 : 庭園ライトやイルミネーションをしたいのですが、どのようなものがありますか?

 ライト関連では現在さまざまな特徴を持ったものがあります。 大きく分けると電球タイプとLEDタイプです。 現在は、環境に配慮したLEDタイプが主流になりつつあります。
LEDタイプの特徴としては、消費電力が従来の電球タイプに比べ格段に低いために、電気料金が圧倒的に安くなります。 また、点灯寿命としても数倍〜数十倍は長くもちます。 反面、現在の技術ではまだまだコストは高く、光量も若干落ちますのでその点が今後の課題と言えるでしょう。 さらに、LEDタイプでは点灯している場合の発熱量もごくわずかなので、イルミネーションなど冬期間樹木に使用しても大丈夫です。(電球タイプを樹木に巻きっぱなしは枯れてしまいます。) 意外と知られていませんが、LEDタイプの電灯は電球タイプ違い、熱が発生しにくいために害虫が寄ってきませんので、夜のガーデンパーティーの際のライティングとしては最適でしょう。
 
使用箇所によってもタイプはさまざまです。 間接照明用ライト、水中ライト、スポットライト、ウッドデッキ用ライト、表札用ライト、玄関用ダウンライト、センサーライト等々、現在では多種多様な製品があります。 詳しくは当HP内の「プロのテクニック①」のライティングのページをクリックしてみてください。LinkIcon詳しくはこちら
いずれにしても、時間タイマーと光センサーとの組み合わせにより、必要な時間だけ点灯させる方法がお勧めです。