家を新築する場合は機能性やデザイン性を追求するもの
 
 最近の私達を取り巻く「モノづくり」の視点は、「人に優しく」「自然環境に配慮して」など、「モノ」中心から「人・環境」中心のそれへと著しく変遷しました。 つまり、大量消費の時代が過去のものとなった今、私達は「個・環境」を大切にしながら「安心感や満足感」といった無形な価値を求め続けています。
他方、ここ最近においては、住宅のデザインも多種多様になりました。 それは、人によっての満足感や価値観、さらには生活スタイルがそれぞれ個性化してきたということです。
じつは、その中心にあるのが住環境なのです。 ですから、人が一生住むことになろう「家」を新築しようとする際は、誰であっても、当然、快適で満足できるまで機能性やデザイン性を追求することになることは言うまでもありません。
 
現在の家周りの環境は「快適」からは程遠い?
 
 では、家周りの環境(エクステリアやガーデン)についてはどうでしょうか?
ただ何となく植栽しているお庭、樹木を植え過ぎて「森」になっているお庭、お世辞でも住宅デザインに合うとは言えない利便性の低い外構やアルミ製品だけを置いている無機質な外構、また、地面の上に住宅だけが建っている生活感のない光景、そして、住宅以外の土地をすべてアスファルトにしている外構etc・・・。
こんな光景はどの地域にも見られる光景です。 その環境は果たして「快適な空間」と言えるでしょうか?
残念ながら、今の家周りの環境は「快適」とは程遠い状態だと思っています。
 
エクステリアとガーデンがもたらしてくれるもの
 
 「エクステリアやガーデン」は生活するための必要最低限のものではないかもしれません。 しかし、それを「快適な空間」に変えることができれば、生活にも潤いを感じ、そこには人が集い、会話もはずむものです。
時には、心を癒してもくれるでしょう。 また、そこで四季の移ろいを肌で感じることができれば、人と人との絆をより強く心豊かにしてくれるステージを無限に提供してくれるはずです。
 
エクステリアとガーデンに必要なこと
 
 そういった意味で「エクステリアとガーデン」は、人が「人」として生きていくための必須空間であり、まして個性にあったデザイン性豊かな空間こそが、私達の生活に今最も必要な環境だと言えるのです。 それが「エクステリアやガーデン」の本質です。 それはまさしく、そこに住まう「人」と「家」を繋ぐもう一つのリビングなのです。
 
あなたの「想い」をお聞かせください
 
私達プロのデザイナーが、あなたの夢空間の実現のためにワンランクアップしたアイディアと技術でサポートいたします。 私達と一緒になって、デザイン性溢れた、あなただけの上質な空間を実現してみませんか?
 
 

 
末 広 緑 化 造 園 株 式 会 社         
代表取締役(チーフデザイナー) 高 坂 英 己

 私達はお客様一人一人に常にベストな提案ができるように、ご予算や素材の選択からデザインや施工方法にいたるまで、十分考慮しながら日々プランニングをしています。 また、お客様の「こんな庭にしたい」「ここをこうして・・・」など、ご要望を最大限尊重したうえで、専門的な点については プロの立場からのOnly Oneのお庭を提案(プランニング)・施工をしています。
それは、大変責任が伴うことでもあります。なぜなら、 私達の仕事はエクステリアやお庭を通じてお客様と一生涯お付き合いすること であり、単に商品を販売する仕事ではありません。むしろ、エクステリアやガーデンづくりをサポートすることで、間接的にお客様の生活様式を変えてしまうことにも繋がるからなのです。
  弊社ではお客様にベストなプランを提供するため、複数のデザイナーが常に意見交換をしながら一つのプランを作成していきます。また、そのプランニングの責任者(担当者)がその後の工事にも直接携わることになりますので、お客様にとっても安心です。
 さらに、弊社にはさまざまな資格を持つスタッフが常時複数名在籍していますので、 ほとんどの工事は外注(下請け)に任せることなく自社で施工しています。(多くの業者は、得意な工事以外は外注に出してしまい、そのことで結局は工事費が上がってしまう場合多いのです。) 当社が直接にプラン提案〜工事施工することで、万が一何か
あった場合でも対応が早く適切に処理できますし、最終的に工事価格を安く抑えられる場合がほとんどです。
 
 以上のように、お客様一人一人に満足していただけるよう、たっぷりと時間をかけてプランニングをしておりますが、場合によっては他のお客様を待たせてしまうことがあります。 
エクステリアやガーデンは、例えば、部屋の家具をその日の気分で移動・ディスプレーするものと同じレベルで考えることは出来ません。 なぜなら、冬期の凍結被害のことを考えたつくりになっているからです。 せっかくお金をかけるのですから、「お客様が後になっても後悔しないように」とのポリシーで仕事を進めておりますので、どうしても時間も手間もかかってしまいます。
 
お客様の「夢」を何とか叶えたい一心で進めていることですので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

 


  エクステリア工事や庭園工事をご検討されるお客様を大別すると一般的に2つのタイプに分けられます。それは、住宅の新築後すぐにお考えになる方に対して、他方は居住後ある程度経ってからお考えになる方と言えます。
 一般的に、どちらの工事費が安上がりになるかというと(もちろんデザインや仕様、または周囲の環境にもよりますが)、新築時に同時に施工した方が安くなる場合がほとんどです。
それは周囲に既存の外構物・障害物・植栽木等がないために、解体費・撤去費・移動費などの準備経費が掛からない、もしくは、周りに障害物が少ない状態なので作業効率が上がるからなのです。
 また、住宅新築時に外構工事をしたいとお考えの方で、住宅メーカーさんや工務店さんなどに「予算は○○万円くらいで出来ますよ!」と言われたり、「外構のことは事前に話に出なかったので全然考えていなかった。」とか、「駐車場のことを考えると、住宅を建てる位置をもっとこうすれば良かった。」というお客様が意外に多く見受けられます。ある意味、住宅メーカーさんや工務店さんでは、エクステリアやガーデンのことを本格的に勉強していない場合がほとんどですから、それは仕方のないことでもあります。
 エクステリアやガーデンはその家の「顔」であり、生活に潤いと豊かさを与えてくれるだけではなく、同時に利便性も与えてくれます。 反面、造れば良いというものではなく、つくりかたを間違ってしまうと利便性を損なうだけではなく、生活の潤いもなくなってしまうでしょう。
 
 エクステリアやガーデンを考える際に大切なことは、そこに住まう人の生活習慣やイメージを十分考慮するだけではなく、ある程度の利便性をも追求しなければなりません。 住まう方がエクステリアやガーデンと一生付き合っていくことを考えれば、プランづくりから施工完了まで、さらにはその後のメンテナンス方法まで、決めなければいけない事柄は決して少なくはないのです。
その点では、北海道の寒冷地でのエクステリアやガーデン工事費は思った以上に掛かるものです。なぜなら、寒冷地では冬期の凍上を考えて設計しなければならないからです。本州地区のように、凍結の少ない地域と違い、基礎の深さなど適切に施工しないと冬期の「しばれ」によって壊れてしまうからです。春や夏にせっかくきれいに出来たものが、1年も経たずに損傷してしまっては何にもならないですよね。
 
 今までお会いしたお客様の平均的な価格となると、敷地面積や敷地形状、工事内容やご希望の内容によって変わりますが、ある程度の完成度をご希望する場合は200万円から300万円くらい掛かってしまう場合が多いです。エクステリアやガーデンの工事費用はまだまだ一般的ではなく、まして多様な条件により一律価格(定価みたいなものです)が決めにくく、その点お客様の認知が足りないために「ここをこうして欲しい、ああして欲しい・・・」と希望はたくさんあるのに、予算が足りなくてご希望に添えないプランになってしまうことも多々あります。ですから、エクステリアやガーデン工事のご予算を組まれる場合は、信頼のあるどこの業者でも、以外と工事費用は掛かってしまうことを想定されて取り組んでみてください。当社ではそういったお客様のために低金利でご利用していただけるお得なローンをご用意していますので、お問い合わせください。
 尚、ご予算につきまして不明な点等ありましたら無料相談もやっていますので、私達までお気軽にご相談ください。